Admin New entry Up load All archives

某人の趣味丸出し日記

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

ラストランカー 


ラストランカー
天仰民族カンタレラに生まれ、伝統を守り伝えること、繰り返される毎日。何の価値も見出すことがない日常。

――価値ある人生とは?

ジグが選んだ道は親友であるファズとの戦いの末、故郷カンタレラを捨てるということ。
そして、力を絶対的な基準とする組織、戦侯機構バザルタに身を投じることであった。
10万人もの戦士たちを擁し、世のすべてを統べてきた世界最大の組織「戦侯機構バザルタ」。
「力」によって絶対的な基準と定める機構が果たすべき目的としていることはたったの二つ、
「最強を決めること」「強き者を育てること」。
そんな機構の理念を明瞭に象徴するのものが
戦士たちを強さによって順位付けする「戦士ランキング」に他ならない。
強き者は地位、名声を得る。
弱き者は強き者に従い、制限を受ける。
価値ある人生を求めるジグにとって己の力のみを全てとする機構の単純明快な在り方は、
求めるものを手に入れる最も近い道であった。
故郷カンタレラを出て、道なき荒野を抜けたその先に
機構を中枢に置く、世界唯一の首都・ガンドアは在る。
ジグはランキングブローカーのマキス、最弱ランカーのポッドの助言を受けて機構の本部へとたどり着く。
公式サイト



>個人的な感想

久しぶりに面白い新作RGPを見つけたので
載せてみました
ストーリーがよくできていて
熱くなる場面、感動する場面が多々ありました

ただ、やりこみ要素が少なく
武器が少ないし
ラスボスがめちゃ弱い…
中ボス的存在の方が個人的に倒すのに苦労しました



後半のムービーや戦闘中のBGMは
すごくよくて戦ってて気持ちよかった

総プレイ時間約15時間
3日で全クリしました

物語のエンディングには…

え!

まさかの駆け落ちwww(一応ネタばれではありません…スレスレだけど(;一_一))

ストーリー重視の方におすすめです


スポンサーサイト

category: ゲーム

CM: 1 TB: 0   

水月 ~Portable~ 


水月~Portable~
梅雨あけ、蒸し暑い昼下がりに『僕』は目覚めた。記憶喪失――何もかも失って。
混乱、そしてすがる過去がない事の恐怖。
闇夜に怯え、震える『僕』を救ってくれたのは、自分のメイドを名乗る少女、琴乃宮雪。
そして友人たち――宮代花梨、新城和泉、大和庄一。
優しい人たちに囲まれて『記憶喪失の自分』の新しい生活が始まった。
それは、どこかぎこちなくも優しい時間。『僕』はそんな時間に幸せなものすら見出し始める。
けれども、目覚めたその日から続く悪夢だけは変わることなく『僕』を苦しめ続けた。
夢の中には少女がいた。色素の欠けた白い肌と赤みがかった瞳。
そして、闇夜を呑み込んで、なお黒光りする髪。数週間後の七夕の晩、『僕』が出会う美しい人。
牧野那波――
それが、毎夜のように『僕』が射抜き殺し続ける少女の名前だった。

個人的な感想
登場人物の半分以上がロリキャラ…
のくせしてやたらとシリアス物…
前半は田舎のスローライフを楽しめます(^O^)/
グラフィックはエロゲーの時から
再編集されてかなりきれいになってるし
セミや日暮の鳴き声を使ったりしていて
かなり良かったです(^◇^)

後半は村の言い伝えや
伝承に沿って話が進んでいくのですが…

これがなかなか…

こういうの苦手なのになんで買うんだろう…(T_T)

おススメは雪√です
ロリキャラゲームで
あえてロリキャラ以外を選んでみました ∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!

category: ゲーム

CM: 0 TB: 0   

SNOW ーPortable- 


SNOW ーPortable-
PCからさまざまなハードに移植された恋愛アドベンチャーゲーム『SNOW(スノー)』。今回紹介するPSP版は、キャラクターボイスの増加など、PSP版だけの新要素が追加されているぞ。主人公は従姉妹の旅館を手伝うため、龍神村を訪れる。その地で個性豊かな少女たちと出会うことに……。

個人的な感想
泣きゲー・鬱ゲーですね
攻略がかなり難しい(T_T)
最初はサイトなどを見ないと無理ですね
最初から攻略できないキャラとかもいますし
ただシナリオはよくBADENDでも見る価値のあるものは
あります
そして泣けます(;_;)

category: ゲーム

CM: 0 TB: 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。